クリニックで仮性包茎の治療をすると改善されることとは

クリニックによる仮性包茎治療についてのメリット

専門のクリニックで仮性包茎の改善治療を行うことで、性交痛や早漏などを改善出来るケースがあります。
仮性包茎の状態では性交時に皮膚が引っ張られてしまったり、逆に緩んだ皮膚が引っかかることなどがありますが形成を行って切除と縫合をすることでスムーズな性交渉を行えるようになるのです。

また早漏などでは敏感な部分にヒアルロン酸を注入し、感覚を鈍麻させることで早漏の防止などを行うことが出来ます。
専門のクリニックはこうしたノウハウを豊富に持っており、包茎手術と並行して処置を行えることが特徴です。
臨床経験が豊富なクリニックの強みが、こうした性の悩みの改善になります。

仮性包茎は日常生活や性交時に痛みを伴わず支障がない場合には治療する必要はありませんが、コンプレックスの解消や不便を感じるケースでは治療をした方がいい場合もあるのです。
素人判断ではなく、クリニックでの診断を受けてから仮性包茎の治療を考えてみることもいいかもしれません。

仮性包茎の手術によって改善されること

仮性包茎は通常時には包皮で亀頭が覆われている状態のことを言いますが、指などで押さえつけることで剥けている状態でも、しゃがんだり動作することでまた皮に包まれてしまう状態のことも指し示す言葉でもあります。
一概に仮性包茎と言っても症状の幅は広く、常に亀頭が露出している場合もあれば、真性包茎に近い症状の場合もあるのです。

仮性包茎は治療がしやすい包茎になりますが、医学的に治療が必要がないという場合が大半のため、保険適用されずに自費診療になるケースが大半でもあります。
状態が進んだ真性包茎は保険での外科手術を認められるのは、日常生活や性交渉による子作りなどに問題があるからです。
さらにカントン包茎は勃起時に痛みが出たり、放っておくと鬱血などの器官的な障害が発生してしまうので、保険適用で外科手術を認められるケースが多くあります。

医師の診察を受けて、必要性を認められたのならば保険適用になるのです。
包茎の手術をすれば性交渉がスムーズになったり、悪臭の原因を抑制出来るなどの副次的なメリットも多くあります。

まとめ

仮性包茎は成人男性でも多い割合の状態であり、軽度な場合ではそれほど悩む必要もありません。
治療が必要になるのはコンプレックスの軽減や、性交痛や包皮の炎症などが頻繁に起こるなど、器官的な問題がある場合です。

仮性包茎を治療することで見た目のコンプレックスを解消して、包皮から亀頭が露出することになりますので、衛生的になり体臭を抑える効果も期待出来ます。
専門のクリニックなど臨床経験が豊富で、評判の良い医師に執刀してもらうことがおすすめです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。