仮性包茎のクリニック選びでは専門知識や治療実績が重要

仮性包茎はどこのクリニックで手術をするか?

仮性包茎は、真性包茎やカントン包茎と違って基本的に手術費用に保険は適用されません。
選ぶクリニックによって料金が異なるというのも大前提としてありますが、それだけではなく自由診療でもあるためアプローチ方法などもクリニック次第という点があるでしょう。

仮性包茎の手術をするクリニックを選ぶ際には、実績がどれだけあるか、また経験が豊富な医師が担当してくれるかというのも重要なポイントです。
あまり実績や症例数が少ないクリニックを選んでしまいますと、ベストな状態にしてもらえない可能性もありますし仕上がりの満足度も変わってくることも想定されます。

仮性包茎は真性包茎やカントン包茎と違って、勃起も出来て性行為も正常に出来るけれど見た目的な問題が大きいというのがネックになる事で手術を希望する方が多いです。
そのため出来るだけ傷跡も目立たないように、ばれないように仕上げられるクリニック探しが重要です。

料金の安さだけではなく、カウンセリングをして決めよう

仮性包茎の手術は、一般的には保険が適用されない自由診療の項目です。
そのため各クリニックや病院で料金設定が行われていますし、ばらつきが出る事も想定されます。

その費用は数百円といった違いではなく、時として数万円短円~10万円以上変わってくることも有ります。
それはアプローチ方法も違ったり、より高度な技術が使われているというのも理由にありますし、何を求めているかによっても選ぶ基準は変わってくるでしょう。

仮性包茎では出来るだけ仕上がりがきれいで、手術をしたことがばれないようにと希望される方が多いです。
そうなれば実績も豊富で技術も高いクリニックを探すのが先決です。
公式サイトでは料金が記載されていて比較をすることが出来ますが、その料金の安さを基準にクリニック選びをするのは余りよい方法とは言えません。

相場を調べるという点では料金比較も必要ですが、最終的にはカウンセリングを受けてから決めるようにしましょう。

まとめ

仮性包茎の手術を希望される男性が増えている傾向が見られます。
機能的には仮性包茎でも問題はありませんし、手術は必ずしも必要ではないというケースがほとんどです。

それでも見た目的な所やニオイの面でコンプレックスに感じているのであれば、手術をすればすぐに解消することが出来ます。
クリニック選びは実績も豊富で出来れば料金だけではなく、高度なテクニックで傷跡なども目立たずに仕上げられる所を選ぶのが理想と言えるでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。